「中国茶ってこんなに美味しかったんだ・・・」
「お茶っていいね・・・」
こんなひと言をいただきたくて始め、 そして続けている企業です。

会社情報

商 号株式会社 遊茶
所在地東京都渋谷区神宮前5-8-5
設 立1997年10月1日
代 表藤井真紀子 ご挨拶
連絡先Tel.03-5464-8088 Fax.03-5464-8098
主な事業内容中国茶・茶器の輸入・製造・卸・販売
中国茶講習会・資格取得講座・イベントの開催
カフェ運営
中国茶関連事業のコンサルティング

沿 革

1997年10月事業開始
日本中国茶協会設立に協力、入会
12月表参道ショップオープン
通信販売開始
1998年1月中国茶講座開始
9月日本で初めて団体会員として中国茶葉学会
並びに安徽省茶業学会に入会
10月中国茶専門カフェ「遊茶 茶坊」オープン
2001年1月新しい中国茶空間「JSL 茶衣館」オープン
2002年4月HP リニューアル・Web ショップオープン
2003年8月中国国外では世界で初めての開催となった
日本中国茶協会による「公認茶藝師」養成講座及び
検定試験の実施に協力(現在継続中)
2004年8月中国国外では世界で初めての開催となった
日本中国茶協会による「公認評茶員」養成講座及び
検定試験の実施に協力(現在継続中)
2006年10月喫茶部門を統合し「茶意館」としてリニューアルオープン
2008年1月HP リニューアル
11月喫茶部門を「茶 -Café Omotesando」としてリニューアルオープン
2014年7月喫茶部門を「youcha cafe omotesando」としてリニューアルオープン
2015年5月喫茶部門「youcha cafe omotesando」をクローズ
2016年4月表参道ショップリニューアルオープン
ロゴ・パッケージを一新

関係協力団体

NPO CHINA 日本中国茶協会
1997 年設立の日本における中国茶普及の為の最も古い NPO団体。遊茶は団体会員であると共に、 中国政府公認資格である茶藝師・評茶員養成講座・検定試験の実施協力の他、会長 王亜雷氏をは じめとする中国茶専門家のセミナー、同協会開催のイベントを支援しており、長年に渡り協力関係にあります。

中国茶葉学会
茶葉に関する研究者より構成される中国の国家一級学会。政府の茶葉に関わる科学技術事業に対し重要な役割を担うと共に大きな影響力を有し、同敷地内にある “中国農業科学院茶葉研究所” と共に茶葉研究の聖地。遊茶はこの団体会員であり、同敷地内にて製茶され、一般には入手困難な龍井茶(商品名:茶科所龍井)を扱っています。

中国茶葉流通協会
中国の一流茶葉企業を会員とし、茶葉産業の育成、流通システムの整備、貿易の発展などに関し、国家としての立場から企業間の強調と調和を図りつつ管理を行う国家一級社団組織。遊茶代表の藤井真紀子は日本における中国茶専門家の立場から、その顧問を務めています。

中国国際茶文化研究会
中国茶文化関係の研究者及び関連企業から組織される国家一級団体。その研究対象は年々幅を広げ、各地の市場分析や販売手法にまで及んでいます。遊茶代表の藤井真紀子は、当研究会の栄誉理事であり、日本において中国茶文化を紹介し、広めている日本人の立場から、論文発表や報告を行っています。

安徽省茶業学会
中国各省の茶葉学会中最も古い 1956 年の設立で、実は中国茶葉学会よりも長い歴史を持っています。当学会以外は全て「茶葉学会」ですが、こちらは「茶業学会」。いずれも学術学会である事に変わりはありませんが、安徽省茶業学会は科学技術に加え、産業面もカバーしているのが特徴です。遊茶はこちらの団体会員の資格を有しています。

安徽農業大学
中国で最も歴史有る茶葉学部を擁する名門農業大学。1928 年に省立安徽大学として成立し、いくつかの変遷を経て 1995 年に安徽農業大学(国立)となりました。同校で茶葉を学んだ卒業生の多くが、政府農業部(日本の農水省)や茶関連企業の幹部となり、中国の茶業界をリードして います。また、付属研究施設として “中華茶文化研究所” を持ち、遊茶代表の藤井真紀子が客員講師として名を連ねています。

< 遊茶TOP