中国・台湾・日本のハイクオリティなお茶|表参道ショップ遊茶[youcha]

Online Shop

Column

2018.01.06Column【24節気な歳時記】小寒

小寒 2018年は1月5日 24節気の23節目

 

小暑、大暑、処暑と同様、寒暖で季節の変化を示す節気のひとつ。

 

この小寒から次の節気である大寒まで、広い国土の北から南まで、
中国は1年で最も寒い時期に入りますが、気象資料によれば、
実際には、大寒の日よりも小寒の日の方が気温の低い日が多いようです。

 

南京では特にこの節気を大切にする習わしがありましたが、
時代と共に淡泊になりつつあるとはいえ、「菜飯」を煮て
いただくという風習が今でも生活の中に残っているようです。

 

***************************************************************************

■中医的お料理

最も寒い季節は最も風邪にかかりやすい時期でもあります。お料理に
体を温めてくれる素材を取り入れることで体温を上げ、寒さに対する
抵抗力を保持しましょう。

………………………………………………………………………………………………

紅[火悶]羊肉

主材料:羊肉、ニンニク、辣醤、唐辛子、生姜、醤油、砂糖、塩、八角、花椒、桂皮、クコ、ニンジン

 

羊肉から塩までの材料を炒め火が通ったら、八角からクコまでの材料と水を入れて1時間ほど煮た後、ニンジンを入れて柔らかくなったら出来上がり。

 

………………………………………………………………………………………………

羊肉のタンパク質アミノ酸のバランスが良く、代謝を助けるビタミンB群や
貧血を防ぐ鉄分も豊富。これに体を温める作用のある香辛料をタップリ加えれば、
寒さなんか吹き飛ばしてしまえそうです。

***************************************************************************

 

■この季節に飲むお茶

イチオシは「岩茶」でしょうか。福建省の北部、世界遺産武夷山を産地とする烏龍茶。
烏龍茶的製茶法の始祖を自負し、産地の限定、茶園の整備から製法の特定まで
厳しく管理され、”本物”の「岩茶」であれば、平均して高い品質に定評のあるお茶です。
産地が狭い範囲に限られ、生産量も多くはないにも関わらず、たくさんの銘柄が存在し、
それぞれに個性を競っています。

………………………………………………………………………………………………

 

平均的な価格が高いことでも一目置かれるお茶で、銘柄の付いているものを、普段飲みに・・・するのは少々勇気がいります。そこでおススメなのが数銘柄をブレンドした「武夷岩茶」。だからこその芳醇さとお手頃価格がウリです。ともかく1杯、お腹に入るだけで胃の辺りが優しくボワ~ンと温かくなってきて、暖房の効いたお部屋ですとうっすらと汗が出てくる人も。

 

≪「武夷岩茶」のお求めは≫

表参道ショップ
オンラインショップ

 

***************************************************************************

24節気とは天球上の太陽の動線を24等分してそれぞれに名前を付けたもので、
同じ季節に同じ節気が廻ってくることになります。
古代中国において、100%お天気頼みだった農耕作業の目安にするべく考案され、
段階的に整備を繰り返しながら今に至っています。
しかしあの広い中国、北と南、東と西では気候が同じはずもなく、
日本とも一緒に語るのは難しいところですが、そこはフレキシブルに解釈して、
その季節感を楽しめればと。

 


2017.12.22Column【24節気な歳時記】冬至

冬至 2017年は12月22日 24節気の22節目

 

冬至が24節気のひとつと知らない人でも、北半球において、1年で最もお昼間が短く
夜が長い日としてご存知のはずで、中国では今から2500年ほど前の春秋時代、
すでにその現象が認識されていたそうです。

 

翌日から日が長くなる、すなわち太陽が甦る日として、世界各地で様々な伝統的行事が
行われてきました。中国でも北方では餃子、南方では紅豆糯米飯(いわばお赤飯)などを
行事食として家族で食べ、明日からの幸運、無病息災を祈念する日として、
今も大切にされいます。

 

***************************************************************************

■中医的お料理
寒さはこれからが本番ですが、太陽が甦る日を新らしい年、新たなる生命の始まりと捉え、
来たるべき春に向けて徐々にパワーを上げていく調整期間として考えます。

………………………………………………………………………………………………
炒双菇

〇主材料:戻し干シイタケとその他のキノコ
以上を炒めて醤油、砂糖、酒、生姜、ゴマ油などで調味

キノコ類に豊富に含まれる食物繊維は血中コレステロール値を抑えたり、
免疫力を向上させたりといいことづくめ。来たるべき春にパワー全開となるべく
身体の基礎を整えるのに有効に働きそうです。

***************************************************************************

 

■この季節に飲むお茶
免疫細胞の多くを占めるのが白血球とのことで、従って免疫力を高めるには
この白血球の働きを活性化させると効果的なんだとか。ポリフェノールには
その活性化を促す機能があり、お茶に含まれるカテキンもポリフェノールの
1種であることはご存知の通り。また、体温を1度上げると免疫力が5~6倍も
アップするとされますから、体を温める性質のお茶を飲むとまさに一石二鳥!
そこでおススメするのが「プーアール散茶」です。

 

微生物発酵を経た「プーアール散茶」は赤ワインを
更に深くした色合い。花や果実のような華やかな香りは
ありませんが、ホッと心を落ち着かせてくれるような
香があります。茶水を飲み、そう時間が経たないうちに、
胃袋の辺りがホンワカと温かくなってやがて体全体に
ジワッと広がっていくのが分かります。

 

≪「プーアール散茶」をお求めいただくには≫

●表参道ショップのご案内はこちら
オンラインショップはこちら

 

***************************************************************************

24節気とは天球上の太陽の動線を24等分してそれぞれに名前を付けたもので、
同じ季節に同じ節気が廻ってくることになります。
古代中国において、100%お天気頼みだった農耕作業の目安にするべく考案され、
段階的に整備を繰り返しながら今に至っています。
しかしあの広い中国、北と南、東と西では気候が同じはずもなく、
日本とも一緒に語るのは難しいところですが、そこはフレキシブルに解釈して、
その季節感を楽しめればと。


2017.12.07Column【遊茶ラボ】中国&台湾の紅茶にミルクを入れてみた

本格的に寒さが増していく頃、紅茶を飲むとシミジミ身体が温まるような。
しかも風邪予防に効果があるときたら、飲まないわけにはいきません。

 

遊茶で販売しております紅茶たち、いつもは当然…とばかりに
ストレートでいただいているのですが、ミルクティーにしてみたら…と、
代表選手3種を選び、思い切ってやってみました。

 

■代表選手3種は:

 

●特級テン紅/中国雲南省   
 雲南大葉種の芽をタップリ使用 
 ●特級祁紅/中国安徽省    
 世界3大香高紅茶の1つ   
 ●蜜香紅茶/台湾南投県     
 ウンカに襲われた葉で製茶  
     

 

 

■淹れ方:

 

1.95℃のお湯300㏄に茶葉5gで10分抽出
2.1に冷たい牛乳30㏄を加える

 

〇同じ5gでこのカサの違い

  特級テン紅    特級祁紅     蜜香紅茶

 

〇5分経過したところ


  特級テン紅    特級祁紅     蜜香紅茶

 

〇10分で抽出したところ


   特級テン紅    特級祁紅    蜜香紅茶

 

〇冷たい牛乳30㏄を加えたところ


  特級テン紅     特級祁紅      蜜香紅茶

 

■個人的な観察
〇特級テン紅:紅茶の甘さとミルクの甘さの相性がイイ感じ。
このお茶が持つ本来の大らかな味わいもしっかり残っている。
濃過ぎない茶水に、少なめのミルクが合いそう。

 

〇特級祁紅:ここに祁紅ありとばかりに、紅茶自身の個性は全く揺るがず。
それでいてミルクとのハーモニーもそつなくこなしている。
お茶を薄く出したらミルクも少なく、濃く出したらミルクも多めで。

 

〇蜜香紅茶:このお茶の強過ぎない個性がミルクと合うような。
球形の撚りがきついため、抽出に時間を要し10分でも濃くならない。
サッと煮だして抽出してもいいかも。

 

■個人的な感想
これらの紅茶、ふだんストレートで飲んでいるもので、with milkの風味に
慣れ親しんではいないがゆえの、ちょっとした異次元感といいますか、

オモロイ感もりもりの大きな可能性を感じました。

考えてみれば煎持ち自慢のお茶たちなんですから、1煎目、2煎目は
さっくりストレートでいただいて、3煎目以降のどこかでwith milkしてみる…

なんて楽しみ方できそうです。

 

※各紅茶についての詳しい説明はコチラから

 

********************************************************************

「遊茶ラボ」はお茶にまつわる身近な疑問を、ほんの少しラボチックに
解明して皆さんにお届けするためのコラムです。
不定期更新となりますが、今後の進展を温かく見守っいただければ…


2017.12.06Column【24節気な歳時記】大雪

大雪 2017年は12月7日 24節気の21節目

 

多くの地域で最低気温が0℃を切り始め、日毎空気が冷たさを増して行く時季。
黄河流域では既に積雪があり、江南地区でも冬の空気が流れ込み始めて、
いよいよ本格的に冬の到来を感じる頃です。

 

■中医的お料理
風邪をひく人が増える時期、寒さに対する抵抗力をつけるには、
特に腎臓や肝臓を労わってやると良いそうです

 

***************************************************************
枸杞肉絲

〇主材料:クコと豚もも肉を1:5の割合で
〇その他の食材:小松菜などこの時期の野菜
以上を強火で炒めてお好みの調味を。

クコの造血、健腎機能と、豚もも肉に豊富に含まれる
良質なたんぱく質とビタミンB1 が持つストレス緩和、
疲労回復、風邪予防に期待できそうです。
***************************************************************

 

■この季節に飲むお茶
お茶に含まれるカテキンは、鼻や喉の粘膜に菌が付着するのを
妨げる力があります。同時にこの時期、身体を温めて体温を上げ
抵抗力を付けて、来たるべきもっと寒い季節に備える…としたら
紅茶がおススメ。

 

紅茶の中でも「特級テン紅」は、渋味が少なく
おおらかな味わいで、甘酸っぱいクコの実との相性は抜群。
サッパリした豚もも肉とのマリアージュもgood!ですので
「枸杞肉絲」と一緒に召し上がってみてください。

 

遊茶の紅茶をお求めいただくには≫

●表参道ショップのご案内はこちらから
オンラインショップはこちらから

 

****************************************************************

24節気とは天球上の太陽の動線を24等分してそれぞれに名前を付けたもので、
同じ季節に同じ節気が廻ってくることになります。
古代中国において、100%お天気頼みだった農耕作業の目安にするべく考案され、
段階的に整備を繰り返しながら今に至っています。
しかしあの広い中国、北と南、東と西では気候が同じはずもなく、
日本とも一緒に語るのは難しいところですが、そこはフレキシブルに解釈して、
その季節感を楽しめればと。


PAGE TOP