中国・台湾・日本のハイクオリティなお茶|表参道ショップ遊茶[youcha]

Online Shop

Column

2017.12.07Column【遊茶ラボ】中国&台湾の紅茶にミルクを入れてみた

本格的に寒さが増していく頃、紅茶を飲むとシミジミ身体が温まるような。
しかも風邪予防に効果があるときたら、飲まないわけにはいきません。

 

遊茶で販売しております紅茶たち、いつもは当然…とばかりに
ストレートでいただいているのですが、ミルクティーにしてみたら…と、
代表選手3種を選び、思い切ってやってみました。

 

■代表選手3種は:

 

●特級テン紅/中国雲南省   
 雲南大葉種の芽をタップリ使用 
 ●特級祁紅/中国安徽省    
 世界3大香高紅茶の1つ   
 ●蜜香紅茶/台湾南投県     
 ウンカに襲われた葉で製茶  
     

 

 

■淹れ方:

 

1.95℃のお湯300㏄に茶葉5gで10分抽出
2.1に冷たい牛乳30㏄を加える

 

〇同じ5gでこのカサの違い

  特級テン紅    特級祁紅     蜜香紅茶

 

〇5分経過したところ


  特級テン紅    特級祁紅     蜜香紅茶

 

〇10分で抽出したところ


   特級テン紅    特級祁紅    蜜香紅茶

 

〇冷たい牛乳30㏄を加えたところ


  特級テン紅     特級祁紅      蜜香紅茶

 

■個人的な観察
〇特級テン紅:紅茶の甘さとミルクの甘さの相性がイイ感じ。
このお茶が持つ本来の大らかな味わいもしっかり残っている。
濃過ぎない茶水に、少なめのミルクが合いそう。

 

〇特級祁紅:ここに祁紅ありとばかりに、紅茶自身の個性は全く揺るがず。
それでいてミルクとのハーモニーもそつなくこなしている。
お茶を薄く出したらミルクも少なく、濃く出したらミルクも多めで。

 

〇蜜香紅茶:このお茶の強過ぎない個性がミルクと合うような。
球形の撚りがきついため、抽出に時間を要し10分でも濃くならない。
サッと煮だして抽出してもいいかも。

 

■個人的な感想
これらの紅茶、ふだんストレートで飲んでいるもので、with milkの風味に
慣れ親しんではいないがゆえの、ちょっとした異次元感といいますか、

オモロイ感もりもりの大きな可能性を感じました。

考えてみれば煎持ち自慢のお茶たちなんですから、1煎目、2煎目は
さっくりストレートでいただいて、3煎目以降のどこかでwith milkしてみる…

なんて楽しみ方できそうです。

 

※各紅茶についての詳しい説明はコチラから

 

********************************************************************

「遊茶ラボ」はお茶にまつわる身近な疑問を、ほんの少しラボチックに
解明して皆さんにお届けするためのコラムです。
不定期更新となりますが、今後の進展を温かく見守っいただければ…


PAGE TOP