スマートフォン解析a

ばいこうもくさくてっかんのん

焙香木柵鉄観音

muzha zhengcong tieguanyin

花・果実の香り
甘い香り
焙じ香
うまみ
しぶみ
ボディ

DATA

6大茶類
産  地
茶  樹
製茶時期
青茶(烏龍茶)
(台湾)木柵
鉄観音
2016年

オススメポイント

焙煎による香ばしさはしっかり存在しつつ、口当たりは思いのほか柔らかで味・香りともにスッキリとした仕上がり。

 

ほんのり感じるスパイシーさが鼻の奥を心地よく抜けて、どんなお茶請けやお食事とも相性が良さそうです。しっかりと拠られた茶葉の品種は正真正銘”鉄観音種”。

 

台湾では品種に限らず伝統的製法をもって”鉄観音”の名称が与えられますが、それに加えて”鉄観音種”であることが、このお茶の価値をいっそう高めていると言えるでしょう。

淹れ方の目安(300ccのポットに対して)

お湯の温度 茶葉の量 時 間 抽出回数目安
90〜100 5g 2 4〜5

工夫式での美味しい煎れ方はこちら

台北市からも近い木柵地区は、中国茶好きなら一度は訪れてみたい土地のひとつ。遡ること遙か150年・・・鉄観音発祥の地、福建省安渓から伝わってきた伝統的な製法を守りつつ、その土地ならではのかたちに変貌を遂げてきました。


それは、品種に限らず強めに発酵・焙煎を施した茶褐色で香ばしい鉄観音。
発祥地である安渓で最近多く作られている鮮やかな緑色をしたタイプと対照的な存在です。 伝統的製法であること、発酵・焙煎ともに深く”木柵”が産地であることが絶対条件。ただ単に”鉄観音”とひと括りにはできない奥深さ。先人達のこだわりが 生んだ、台湾を代表する烏龍茶のひとつです。


商品番号:
16732

50g 1,728円

数量:

関連商品

スクール

これから中国茶を始めたい!というかたにピッタリ! 基本的な知識はこれでバッチリの 1 回完結レクチャー。 お茶の種類や茶器の使い方、淹れ方の基本まで中国茶の基礎知識をバッチリ網羅。 お茶の試飲を交えた、あっという間の 90分です。