スマートフォン解析a

せいせんぶんさんほうしゅちゃ

精選文山包種茶

jingxuan wenshanbaozhongcha

花・果実の香り
甘い香り
焙じ香
うまみ
しぶみ
ボディ

DATA

6大茶類
産 地
茶 樹
製茶時期
青茶(烏龍茶)
(台湾)新北市坪林区
青心烏龍
2017年4月後半

オススメポイント

今年の文山包種茶は”清茶”と呼んで余りある透明感を有し、飛び抜けてクリアに仕上がりました。

優雅な花香と爽やかな喉越しはどこまでもピュアで混じりっけなし。

後を追いかけてくるほのかな甘い香りと優しい口当たりが全体を上品に締めくくります。

 

淹れ方の目安(300ccのポットに対して)

お湯の温度 茶葉の量 時 間 抽出回数目安
90〜100 5g 2 4〜5

工夫式での美味しい煎れ方はこちら

台湾の今に通じる茶作りは、およそ200年前、福建省からもたらされましたが、この「文山包種茶」の故郷、新北市坪林区は中でも古い産地のひとつ。

台湾烏龍茶の多くが固く球形に揉まれている中、1枚仕立ての茶葉を縦よりに揉んでいるのはほぼ、このお茶だけ。それだけでも十分個性的なのですが、更には最も緑色に仕上げた烏龍茶で、台湾では「清茶」と呼ばれることもあります。

ちなみに「包種茶」という名称は、その昔、製茶を終えた茶葉は紙を使って直方体に“包まれ”ていたところに由来しています。


商品番号:
17407

NEW50g 2,160円

数量:

関連商品

スクール

これから中国茶を始めたい!というかたにピッタリ! 基本的な知識はこれでバッチリの 1 回完結レクチャー。 お茶の種類や茶器の使い方、淹れ方の基本まで中国茶の基礎知識をバッチリ網羅。 お茶の試飲を交えた、あっという間の 90分です。