スマートフォン解析a

やまなししょうてん やまのほうじちゃ

山梨商店 山のほうじ茶

Yamano Houji-cha

花・果実の香り
甘い香り
焙じ香
うまみ
しぶみ
ボディ

■山梨商店:山梨宏之さんのお茶

山梨商店は1950年創業、荒茶の仕上げ火入れ”を業とする製茶問屋さん。同業者が多く軒を並べる「静岡茶市場」の近くで、半世紀以上の歴史を有する老舗企業です。

 

宏之さんは大学こそ京都で過ごしたものの、それ以外は静岡で暮らし、家業を継いでからは静岡茶業青年団団長として組合CI事業に関わりながら、日本茶インストラクター協会発足に奔走。最近では2014年から「日本茶AWARD」事業を始めるなど、静岡並びに日本の茶業全体の発展に尽力してきた人物。

 

本業でも創業当時からの独自ほうじ茶製法に加え、2000年以降は高温度火入れ煎茶、釜炒り茶、烏龍茶、発酵茶「La香茶」と次々と新しい製法を開発し、その穏やかな語り口とは裏腹の、漲るパワーにはただただ脱帽するしかありません。

DATA

産地:主として静岡市葵区(本山)

品種:やぶきた他

製茶時期:
[荒茶加工]2016年5月に摘採する1茶 
[ほうじ茶加工]出荷日より以前およそ半月以内に製造し、窒素充填、冷蔵保管

【基本的な淹れ方】

湯が800mlほど入る大きさの土瓶に茶葉を15g入れます。

沸騰した湯を少し冷まし(80度〜90度)土瓶に約650ml注ぎ約30秒〜40秒ほど待ちます。

湯呑にお茶を均等の濃さ・分量になるように最後の一滴まで注ぎきります。
*急須の大きさにより、お好みで茶葉の量、湯の量を調節して下さい。

*煎茶用の急須で淹れる場合は、茶葉5g・湯の量240mlがおすすめです。

山梨宏之さんからのメッセージ

山のほうじ茶の原料は、主に静岡県内山間部で生産される一番茶です。
一般的なほうじ茶は香ばしさと甘みが特長ですが、このほうじ茶には、さらにうま味が加わります。
製造は、セラミック粒子を用います。

 

ほうじ茶

レンガ造りの釜の中で高温度に熱したセラミックから放たれる遠赤外線で炒るため、釜から出てきたお茶はふっくらと黄金色に炒り上がり、華やかな香りを放ちます。

 

この方法は「焼き栗」「石焼き芋」などと同じです。

 

石を熱し、そこから発する遠赤外線を利用するものです。
蒸し栗やゆでたイモより、焼き栗や焼イモの方が香ばしくておいしいですね。

 

良い香りを逃がさないように出来る限りすばやく袋詰めしました。
開封後はお早めにお使い願います。

 

 

山梨商店は、茶の本場、荒茶の集積地である静岡市の静岡茶市場からほど近い一番町に製茶工場があります。

「香り」に特長的な、煎茶、ほうじ茶、釜炒り茶、烏龍茶、加湿熱風煎茶、酵素発酵茶など高温度製造を得意としています。

特に、生葉の酵素を利用する特許製法「La香茶」は従来にない花や果実の香りを引き出すことに成功しました。

また創業まもない頃から手掛ける「ほうじ茶」は、レンガ造りの釜の中で、セラミックから出る遠赤外線の力を利用するため、ふっくらと炒り上がります。華やかな香りを逃さないよう、炒りたてをすばやく封入しています。原料の吟味により、一般的なほうじ茶の香ばしさと甘みに加え、うま味が特長です。

淹れ方の目安(300ccのポットに対して)

お湯の温度 茶葉の量 時 間 抽出回数目安
80〜90 5〜6g 0.5〜0.7 1〜2

工夫式での美味しい煎れ方はこちら

ほうじ茶といえば、強い焙煎による濃茶色をしたお茶…のイメージですが、宏之さんのほうじ茶はうっすら緑色。これだけでこのお茶がただモノではないことを感じさせ、乾燥茶葉が醸す、ただ芳ばしいだけではない、その奥底にあるグリーンで甘い香りを体感すると、その感覚は大きな期待へといやがうえにも膨らんでいきます。


そしてアツアツの熱湯を茶葉にかけた途端に立ち上がる得も言われる芳香に、この香りにいつまで包まれていたいと願ってしまう…というのは決して言い過ぎではありません。そしていよいよ茶水を口に含めば、なんてふくよかで厚みがあるのでしょう!すっきりさっぱりだけのほうじ茶でないことを、優しく教えてくれる味わいです。


それは長年、宏之さんが研究に研究を重ねてきた特別な焙煎方法にあります。予備加熱により葉内水分が1%となった茶葉を、セラミック粒と共にドラム釜に投入し、300度以上の高温で数十秒という短時間に炒り上げると、渋味がやわらぎ、甘味が出て、芳ばしい風味となります。ただ高温と言うだけではなくセラミックの遠赤外線の効果です。


一般的にお茶は、一旦荒茶”にしてから仕上げ”を経て消費者の元に届けられますが、この仕上げ”のほとんどは火入れ”の工程で、原料茶葉の質”、荒茶工程でのでき”と同じかそれ以上に最終商品のお茶の品質を左右します。このお茶をいただくと、はっとする程に鮮やかで繊細な風味に、宏之さんの仕上げ”技術の高さをひしと感じます。


商品番号:
18000

50g 648円

数量: