スマートフォン解析a

おうごんけい

黄金桂 ティーバッグ

huangjingui tea-bag

花・果実の香り
甘い香り
焙じ香
うまみ
しぶみ
ボディ

DATA

6大茶類
産 地

茶 樹

内 容

青茶(烏龍茶)
(中国大陸)福建省安溪県

黄旦

2.5g×5個入 または2.5g×10個入

オススメポイント

黄金桂発祥の地といわれている、福建省安渓県虎邱鎮羅岩村で育ったお茶が届きました。

口に含んだ瞬間ハッと目が覚めるような、たいへん華やかな仕上がりです。キンモクセイにも例えられる花香は別名「透天香」。天に届くほど素晴らしいと賞さています。

その香りは煎を重ねても衰えることなく、「本当にこれがお茶!?」と誰もが圧倒されてしまうことでしょう。ここ数年でもダントツの力強さです。

”乳香”と言われる甘い余韻も今年はさらにしっかりめで、お茶うけなしでも大満足。イチ押しの烏龍茶です。

淹れ方の目安(300ccのポットに対して)

お湯の温度 茶葉の量 時 間 抽出回数目安
90〜100 --g 3 2〜3

工夫式での美味しい煎れ方はこちら

福建省安渓県が故郷。「鉄観音」と同郷です。この地域では生産量やネームバリューにおいて「鉄観音」が圧倒的な優位性を保っており、長い間、「鉄観音」以外の品種はこの「黄金桂」も含め、“それ以外”という意味で「色種」という呼称でまとめられていました。


しかし、「黄金桂」は、その名称の由来でもある黄金色の茶水と桂花(キンモクセイ)を思せる香りという、際立つ優れた特徴で、個としての存在を確立。


今は「色種」グループから外れ、「鉄観音」に次ぐポジションを占めるお茶として高く評価されています。 


5個入:648円 10個入:1080円


黄金桂リーフティーはこちらから


商品番号:
13784

 648~1,080円

内容量
数量:

関連商品

スクール

これから中国茶を始めたい!というかたにピッタリ! 基本的な知識はこれでバッチリの 1 回完結レクチャー。 お茶の種類や茶器の使い方、淹れ方の基本まで中国茶の基礎知識をバッチリ網羅。 お茶の試飲を交えた、あっという間の 90分です。