スマートフォン解析a

せいひんありさんこうざんちゃ

精品阿里山高山茶

jing pin alishan gaoshancha

花・果実の香り
甘い香り
焙じ香
うまみ
しぶみ
ボディ

DATA

6大茶類
産 地

茶 樹
製茶時期
青茶(烏龍茶)
(台湾)嘉義県阿里山山
青心烏龍
2016年5月中旬

オススメポイント

今年の阿里山高山茶は、焙煎香が芳ばしい風格ある逸品です。
清香タイプの爽やかな台湾茶とは明らかに一線を画すキャラクター。
作り手の絶妙な火入れ技術により、風味豊かに仕上がりました。このようにしっかりめの焙煎を施した阿里山は久しぶりの入荷です。

うっすら琥珀色で透明感ある水色、すっきりとした喉ごしの後に芳ばしさと甘い余韻が広がります。落ち着きある深い味わいを心ゆくまでご堪能ください。

淹れ方の目安(300ccのポットに対して)

お湯の温度 茶葉の量 時 間 抽出回数目安
90〜100 5g 2 4〜5

工夫式での美味しい煎れ方はこちら

温暖湿潤な気候を好む茶樹にとって、台湾はほぼ全島で栽培できるばかりか、かなりの高地でも育成が可能です。短い日照時間や昼夜の寒暖差、豊富な霧など、高地には品質の高い茶葉に育つ条件が揃っており、海抜1,000m以上に位置する茶園のお茶は「高山茶」と称されます。

“阿里山”とはひとつの山を指すのではなく、いくつかの峰々が連なる一定範囲を指し、主として1,000m〜1,500mの間に広大な茶園が広がっています。

本格的に製茶が始まったのは1970年台半ばからと歴史は浅いながら、「高山茶」の中でも、香り高く厚みのある質の良い茶葉を、安定的に供給する産地として高い評価を受けています。


商品番号:
16738

50g 2,484円

数量:

関連商品

スクール

これから中国茶を始めたい!というかたにピッタリ! 基本的な知識はこれでバッチリの 1 回完結レクチャー。 お茶の種類や茶器の使い方、淹れ方の基本まで中国茶の基礎知識をバッチリ網羅。 お茶の試飲を交えた、あっという間の 90分です。