スマートフォン解析a

せいこうしきしゅんちゃ

清香四季春茶

qing xiang sijichun cha

花・果実の香り
甘い香り
焙じ香
うまみ
しぶみ
ボディ

DATA

6大茶類
産 地
茶 樹
製茶時期
青茶(烏龍茶)
(台湾)南投県中寮
四季春
2016年5月中旬

オススメポイント

ヒヤシンスを想わせる涼やかな花香、すっきりキレのある口当たり。四季春ならではの安定感は今年も健在です。喉の奥までいっぱいに広がる余韻と透明感溢れる水色は清らかそのもの。コストパフォーマンスの良さも魅力で、華やかさと親しみやすさを併せ持った人気の烏龍茶です。

立ち上がりは緩やかながら、2煎、3煎と重ねるごとにじわじわと味わいが増してきます。また茶葉の量や抽出時間のちょっとした具合で、いくつもの印象が愉しめるのも面白いところ。いろいろ試してぜひお好みの四季春を見つけ出してください。

淹れ方の目安(300ccのポットに対して)

お湯の温度 茶葉の量 時 間 抽出回数目安
90〜100 5g 2 4〜5

工夫式での美味しい煎れ方はこちら

台北郊外にある木柵地区の畑から発見されと伝えられており、1990年代から各地域で広く栽培されるようになりました。

成長が早く1年に7〜8回も摘み取りが可能、すなわち、1年を通じて春と同じように芽吹く…との意で「四季春」と名前が付きました。

環境に対する適応性が高い、寒さに強い、また収穫量も多いと、経済性に優れた品種である上に、比較的製茶工程がシンプルでいて、質の高いお茶に仕上がるので、多くの茶農さんから強く支持されています。


その香りは、それこそいつでも春を思わせる華やかな花香に溢れ、渋みが少なく穏やかでいてキレのいい味わいは飲む人を選びません。


 


商品番号:
16740

 1,512~1,706円

パッケージ
数量:

関連商品

スクール

これから中国茶を始めたい!というかたにピッタリ! 基本的な知識はこれでバッチリの 1 回完結レクチャー。 お茶の種類や茶器の使い方、淹れ方の基本まで中国茶の基礎知識をバッチリ網羅。 お茶の試飲を交えた、あっという間の 90分です。