スマートフォン解析a

かねろくまつもとえん のとげんまいりょくちゃ ティーバッグ

カネロク松本園 能登玄米緑茶ティーバッグ

Gemmaicha

花・果実の香り
甘い香り
焙じ香
うまみ
しぶみ
ボディ

■カネロク松本園:松本浩毅さんのお茶

茶草場農法浩毅さんが先々代から70年に渡り引き継いできた「茶草場農法」とは、茶園周辺に広がる「茶草場」で育ったササやススキを、秋から冬にかけて刈り取り、茶畑の畝の間に敷き込むことで有機肥料などして利用する伝統農法で、茶葉の品質が向上します。

このような農法、一昔前は日本の至るところで見られた風景でした。しかしライフスタイルの変化により、手間と時間かかるこのような農法は徐々に姿を消していった中、環境に優しく質の高いお茶作り目指す静岡の茶農家さんたちの努力に支えられ、今なお、掛川市をはじめ、川根本町、島田市、菊川市、牧之原市に点在しています。

「茶草場農法」は2013年5月に「世界農業遺産」に登録され、中でも浩毅さんの茶園は2014年1月、貢献度最高位の認定を得ています。

茶畑

DATA

産地:静岡県島田市

品種:やぶきた

ティーバッグ 3g×10個入り

製茶時期:2015年5月

(荒茶を12月火入れして仕上げ)

<松本さんおすすめの美味しい淹れ方>
玄米茶は80度から90度くらいの温度で3gを2分ほど抽出してください。氷を入れたグラスに注いで急冷しても香りもいいですし甘みがより感じられます。香りは優しくなりますが水出しで一晩抽出しても大丈夫です。

 

松本浩毅さんからのメッセージ

松本浩毅さんカネロク松本園は静岡県島田市にて日本茶の栽培から製造までを一貫して手がける農園です。2013年に世界農業遺産に登録された”静岡の茶草場農法”の最 高位認定を受けております。茶草場農法とは茶の品質を向上させると共に稀少な植物や昆虫の生態を保全する環境に優しいお茶の農法です。カネロク松本園では 日本茶品種の茶葉から緑茶をはじめ、烏龍茶、紅茶など多種の茶を製造しております。石川県の世界農業遺産”能登の里山里海”のお米とコラボした玄米茶は日 本茶AWARD2014において玄米茶部門1位を受賞。国産初となる燻製紅茶は国際銘茶品評会にて銀賞を受賞、静岡県の食のセレクションでも金賞を受賞し ております。伝統農法を継承しながら日本茶の革新を提案するカネロク松本園の茶をお楽しみ下さい。

淹れ方の目安(300ccのポットに対して)

お湯の温度 茶葉の量 時 間 抽出回数目安
80〜90 3g 2 1〜2

工夫式での美味しい煎れ方はこちら

ふたつの世界農業遺産のコラボレーション


いずれも世界農業遺産の認定を受けている静岡の「茶草場農法」と川県輪島市白米町の「千枚田」。その一番茶とお米で作った玄米茶は、品質だけではなく、背景にまでこだわり抜いた珠玉のお茶です。


千枚田



実は千枚田”のある能登半島はカネロク松本さんのお母様の故郷。もし、そんな状況がなければ、この二つの「世界農業遺産」の出遭いはなかったかもしれません。


湯を注ぐと玄米の芳ばしい香りとそれに負けない力強さで瑞々しい茶葉の香りが立ち上ります。口に含めば明確な渋みと旨みに甘いほうじ香が絡んで、このお茶が次元の異なる玄米茶であることを教えてくれます。


更に驚くべきは煎持ちの良さ。茶葉だけではなく、3煎淹れても膨張してこない玄米を見て、サスガ…という言葉と共に拍手を送るしかありません。


商品番号:
18005

10pcs 800円

数量: