スマートフォン解析a

せいこうおうごんけい

清香黄金桂

qingxiang huangjingui

花・果実の香り
甘い香り
焙じ香
うまみ
しぶみ
ボディ

DATA

6大茶類
産地

茶樹
製茶時期
青茶(烏龍茶)
(中国大陸)福建省安渓県虎邱鎮羅岩村
黄旦
2017年5月

オススメポイント

本年も黄金桂発祥の地と言われる福建省安渓県虎邱鎮羅岩村からやってきました。”透天香”の別称に違わず、菊や蘭を思わせる華やかな"花香"が喉の奥まで一気に広がります。

近年、"花香"共に、このお茶の特徴のひとつだった、甘いミルクのような"乳香"が今年は控えめで、よりキリリとしたシャープさが際立ちます。

烏龍茶ですから、飲めば体は温まるのですが、とっびきりの爽やさが涼やかさを運んでくれるようです。

煎持ちがとても良く、コストパフォーマンスも◎で常に人気ランク上位の清香系烏龍茶です。

淹れ方の目安(300ccのポットに対して)

お湯の温度 茶葉の量 時 間 抽出回数目安
90〜100 5g 2 4〜5

工夫式での美味しい煎れ方はこちら

「鉄観音」と同じ福建省安渓県が故郷。この地においては、量&知名度で断トツの強さを誇る「鉄観音」に押され、陰の薄くなりがちだったそれ以外の茶の中で、「黄金桂」は異彩を放ち続けてきました。


名称の由来でもある、黄金色の茶水と桂花(キンモクセイ)を思せる香りという際立って優れた特徴で、「鉄観音」さえ寄せ付けず、「透天香」=天にまで届く程に素晴らしい香り=という別称まで得ているのが、まさにその表れといえます。


品種の「黄旦」は"早芽種"、すなわち芽吹きが早く、毎年、他の烏龍茶よりもいち早く市場に出回るのも強みのひとつで、年々生産量を増やしています。


パック入り50g 1,620円
缶入り50g 1,814円


商品番号:
16238

NEW 1,620~1,814円

パッケージ
数量:

関連商品

スクール

これから中国茶を始めたい!というかたにピッタリ! 基本的な知識はこれでバッチリの 1 回完結レクチャー。 お茶の種類や茶器の使い方、淹れ方の基本まで中国茶の基礎知識をバッチリ網羅。 お茶の試飲を交えた、あっという間の 90分です。