スマートフォン解析a

ビンテージティーがんちゃすいきんき

VINTAGE 巌茶(岩茶) 水金亀

Vntage Tea Yancha Shuijingui

花・果実の香り
甘い香り
焙じ香
うまみ
しぶみ
ボディ

DATA

6大茶類
産  地
茶  樹

青茶(烏龍茶)
(中国大陸)福建省武夷山
水金亀

2002年、2003年、2004年茶葉 各5g入

オススメポイント

言葉で表現するのが難しい、そんな捉えどころの無さが魅力の水金亀が、この年月を経て、やはりフワッと不思議な色香を持っているとは、本当に感動的でさえあります。

確かに製茶してすぐとはまた異なる品質を有しながら、尚残る、アノ水金亀の面影を見出す時、"後熟"の面白さ、"老茶"の醍醐味を感じます。

13年、14年、15年という時間が過ぎなければ得られない変化の妙は、私たちに従来とは異なる尺度を要求してきます。

茶樹とその茶樹の育った環境があり、製茶時のお天気と製茶技術の結果としてのお茶に、時間という魔法がかかったVINTAGE TEA。この稀有な体験を是非、なさってみてください。
 

淹れ方の目安(300ccのポットに対して)

お湯の温度 茶葉の量 時 間 抽出回数目安
90~100 5g 2 4-5

工夫式での美味しい煎れ方はこちら

名称の由来はいくつかありますが、亀のイメージを裏切るように、その香りは梅の花に似ていると言われています。

烏龍茶の中でも、数々の伝説に彩られ、特異な位置を占めるのが巖茶で、800以上もの銘柄が存在しますが、その歴史的背景と品質の高さをして特別な存在である4銘柄を"4大名欉"といい、この『水金亀』はそのひとつ。

02年、03年、04年産のVINTAGE TEA。13年から15年という時間が経過して得た"後熟"という変化は、お茶の持つ異次元の魅力を私たちに教えてくれます。


商品番号:
13850

NEW 2,500円

数量:

関連商品

スクール

これから中国茶を始めたい!というかたにピッタリ! 基本的な知識はこれでバッチリの 1 回完結レクチャー。 お茶の種類や茶器の使い方、淹れ方の基本まで中国茶の基礎知識をバッチリ網羅。 お茶の試飲を交えた、あっという間の 90分です。