スマートフォン解析a
プーアール茶

プーアール茶

プーアール茶の名称はその昔、雲南省の一定域内で生産された茶葉が、一旦“普洱(プーアール)市”に集積され、そこから消費地に運搬されていった為、“普洱市”から来た茶・・・という意味で普洱茶と呼ばれた事に由来します。従ってこの呼称そのものは特定の茶類を指すものではありませんでしたが、現在においては実際的に「熟茶」と「生茶」と呼ばれる2つのタイプに大別する事ができます。「熟茶」とは製造工程に“渥堆”という微生物による発酵過程を有するもので、パラパラした形状のものから色々な形に圧縮されたものまで様々な形態があります。「生茶」とは多くの場合、緑茶の内、天日乾燥したタイプの茶葉を様々な形に圧縮して固形状にしたものを指します。