中国・台湾・日本のハイクオリティなお茶|表参道ショップ遊茶[youcha]

Online Shop

News & Column

2018.07.20News【新着情報】2018年新茶 第五弾

福建省と台湾から、それぞれ2銘柄ずつが到着しました。
特色の異なる烏龍茶が3種、個性全開の紅茶が1種です。

 

 

■烏龍茶
◎精選凍頂烏龍茶:あの安定感ある品質
◎正ソウ鉄観音:超芳ばしくて過ぎない
◎巌茶黄観音:遊茶史上初お目見えの銘柄

 

■紅茶
◎微燻正山小種:微かな燻香の奥ゆかしさ

 

全く個性の違う4種の共通点は、奥深さ…でしょうか。
それぞれの名称が備えるべき品質をしっかりと有しながら
それだけでは終わらない広がりを感じさせてくれます。

 

◎2018年7月21日(土)~

 

オンラインショップでのお買い物はコチラから


2018.07.09News【新着情報】2018年新茶 第四弾

烏龍茶王国台湾からキラキラ烏龍茶4種。
実は先週土曜日、7月7日から販売開始しています。

 

いずれも台湾ならでは、だからこそ、でないと…のお茶たち。
お飲みいただいた皆さまから、大絶賛をいただいています。

 

 

■2000mを超える天空の茶園
◎逸品大禹嶺高山茶
◎尊品翠峰高山茶

 

■名前の通りの美人ぞろい
◎麗妃東方美人
◎白鷺東方美人

 

口に広がる幸せを、是非、ご体感ください。

 

オンラインショップでのお求めはコチラから


2018.07.06News【耳より情報】「中国茶の日」を記念してポイント3倍!!!

7月8日は「中国茶の日」と制定されて早11年。
毎年、ちょっとしたイベントを開催している遊茶ですが、
今年は…

 

 

何をご購入いただいてもポイント3倍デー!!!

 

を実施します。

 

■実施期間:2018年7月7日(土)&8日(日)の2日間
■実施場所:表参道ショップ&オンラインショップ
■対象商品:物販全商品(スクール遊茶は除く)

 

まだ、ポイント会員になっていらっしゃらない方はこのお得な機会に
是非是非是非、ご加入ください!

 

◎オンラインショップの新規会員登録は以下から行えます。
https://www.youcha.shop/
※パソコンの方:ページ上部の「新規会員登録」より
※モバイルの方:ページ最下部の「会員登録」より

 

◎表参道ショップの新規会員登録は店頭でお申込みいただけます。

 

「中国茶の日」については、「NPO CHINA 日本中国茶協会 公式サイト」でご紹介しています。
https://chinatea.org/teaday/


2018.07.05Column【24節気な歳時記】 小暑

小暑 2018年は7月7日 24節気の11節目

 

「小」は”少し”という意味で、この後にやってくる「大暑」との
比較において、それに及ばないながら、いよいよ本格的に暑い時期、
「三伏」に突入するとの警鐘的な節気です。

 

 

「三伏」とは、「初伏」、「中伏」、「末伏」の総称で、陰陽五行説に
基づいて定められた暦上の特定の日を指し、庚(かのえ)と言われる日の内、
夏至の後、3回目に廻ってくるこの日を「初伏」、4回目を「中伏」、
立秋後の初回を
「末伏」と呼び、この約30日から40日間の一年で最も
気温の高い期間の呼称として使われます。

 

すなわち、どこからどう見ても、この時期は暑さマックスなわけで
中国では一部地方で「頭伏餃子二伏麺三伏烙餅攤鶏蛋」と言い、
初伏には餃子、中伏には麺、末伏にはお焼きの卵巻と、三伏それぞれに
食すと良しとされる料理があります。

 

 

いろいろと謂れや中医的な効能はあるようですが、要するに暑さで食欲が
ドッと落ちてしまうこの頃、どんな人でも好むこれらの料理をたくさん食べて
健康維持に努めましょう…ということなのでしょう。

 

******************************************************************

この季節に飲むお茶

 

「精品阿里山高山茶」はいかがでしょうか?

 

熱中症を回避するのに冷房は欠かせませんが、会社勤務では
その部屋で一緒に仕事をしている複数人の温冷感覚が同一ではなく、
エアコンの温度設定が、女性には寒く感じる場合が少なくありません。

 

特に胃腸を冷やすと、食欲不振、消化不良に陥り、ただでさえ
暑さで食欲不振になりがちなのに、ますます食が細り夏バテ一直線に
なりかねません。

 

 

「精品阿里山高山茶」は台湾産の烏龍茶。海抜約1,600mあたりにある
茶園が故郷です。高山茶というと青っぽいタイプが多い中、こちらのお茶は
少々焙煎強めに仕上げてもらいました。

 

その少々強め焙煎のお蔭で、花香と同時に口中に広がる香ばしさが
温かさを演出して、ほっと気持ちを落ち着かせてくれる一方、実際に
青っぽいお茶に比べ胃腸への当たりも優しいと実感できます。

 

「精品阿里山高山茶」のお求めは
●表参道ショップ
●オンラインショップ

 

******************************************************************

24節気とは天球上の太陽の動線を24等分してそれぞれに名前を付けたもので、
同じ季節に同じ節気が廻ってくることになります。
古代中国において、100%お天気頼みだった農耕作業の目安にするべく考案され、
段階的に整備を繰り返しながら今に至っています。
しかしあの広い中国、北と南、東と西では気候が同じはずもなく、
日本とも一緒に語るのは難しいところですが、そこはフレキシブルに解釈して、
その季節感を楽しめればと。


2018.06.24News【新着情報】2018年新茶 第三弾

2018年の新着茶葉もいよいよ第三弾、しかもラッシ!
しかもしかも、どれもこれも、上々の上にも上々のデキ!
こんな素晴らしいお茶をご紹介できる幸せに浸っています!

 

そのラインナップは…

 

■優品阿里山金萱茶:優しいバニラ香
■精品阿里山高山茶:奥行のある香と滋味
■清香四季春:溢れんばかりの花香
■特級テン紅:魅惑的な果実香
■清香黄金桂 シャープな花香
■清香鉄観音 爽快感いっぱいの滋味
■鳳凰単ソウ宋種仔 あまりにも香高く芳醇

 

◎2018年6月23日(土)~表参道ショップ、オンラインショップで

 

詳細・ご購入はコチラから


2018.06.22Column【24節気な歳時記】 夏至

夏至 2018年は6月21日 24節気の10節目

 

北半球において一年で最も北よりの東から太陽が昇り、最も高い地点を通って
最も北よりの西に沈む日。
すなわち、1年で1番お昼の時間が長い1日であり、
東京や杭州では14時間、北京付近では15時間、黒竜江省の漠河では17時間も
日が沈みません。

 

 

夏至は冬至、春分、秋分と共に、最も古くから認識されていた節気のひとつ。
1年の内、影が1番短い日を夏至とし、1番長い冬至との中間に、それぞれ
春分と秋分を置きました。周代には疫病と飢饉が無くなるようにとの神事が
行われていた記録があり、今でも中国では各地で様々な風習があるようです。

 

北京周辺や山東省の一部では古くから、”冬至餃子夏至麺”といい、夏至の頃には
冷たい麺とキュウリ、ニンジン、ネギなどの千切り野菜とたれを混ぜ合わせて
いただく「涼麺」を食べる慣習があり、今では全国に広がっているようです。

 

 

また、この季節には”苦い”ものを多く摂取すると好いとされます。苦みの
成分が体内にこもった湿気を除き、熱を逃がして食欲増進に繋がるとか。
ただし苦み成分は胃腸への刺激も小さくないため、消化器系の弱い方は
食べ過ぎないように注意をすることが大切です。

 

******************************************************************

この季節に飲むお茶

 

「清香黄金桂」はいかがでしょうか?
これからの暑い時期、「涼麺」や”苦い”ものを食べて体内を涼しくし、
食欲を維持するのは多いに結構なことですが、特に女性にとっては
冷房による”冷え”の方が気になる方もいらっしゃるはず。

 

かといって体がホコホコになるお茶を飲むほどでもないこの季節には、
性質は”温”でしかも爽快感溢れるノド越しの「黄金桂」がおススメ。

 

 

福建省南部安渓県を故郷とする烏龍茶で「鉄観音」と同郷です。
ここではこの2種以外にも「本山」や「毛蟹」、「梅占」など、いくつかの
異なる品種が存在しますが、長きに渡って「鉄観音」の独り勝ち状態が
続いてきた中、いち早く抜け出したのが、この「黄金桂」です。

 

これは「黄金桂」が「鉄観音」に勝るとも劣らない特色と品質の高さを
有するということであり、”天にも至るほどの香りの高さ”という意味の
別称「透天香」が付けられたことがその証拠と言えるでしょう。

 

「清香黄金桂」のお求めは
●表参道ショップ
オンラインショップ

 

******************************************************************

24節気とは天球上の太陽の動線を24等分してそれぞれに名前を付けたもので、
同じ季節に同じ節気が廻ってくることになります。
古代中国において、100%お天気頼みだった農耕作業の目安にするべく考案され、
段階的に整備を繰り返しながら今に至っています。
しかしあの広い中国、北と南、東と西では気候が同じはずもなく、
日本とも一緒に語るのは難しいところですが、そこはフレキシブルに解釈して、
その季節感を楽しめればと。

 

 

 


2018.06.15News【耳より情報】2018年サマーギフト早割!!

そろそろ夏の贈り物の季節。
夏だからサラッとしてスキッとなるギフト、いかがでしょ?
「からだがよろこぶお茶ギフト」ご用意しました。

 

 

■2018年6月16日(土)~30日(土) 早割10%オフ

 

上記期間、表参道ショップ、オンラインショップにて、
サマーギフト対象商品が10%オフでお買い求めいただけます。

 

オンラインショップでのご購入はコチラから。

 

 


2018.06.08News【イベント】オーガニック台湾茶を楽しむ会 6月17日(日)です!

“Tea Talent 茶聖殿”の オーガニック台湾茶イベントも今年で4回目。
2018年はガラッと趣向を変えて、フランスの雰囲気をお届け。

 

 

現在、フランス在住、フランス国内での販売担当責任者である台湾女性
Ms.Kayが来日し、現地で大好評のプレゼンを披露します。

 

チョコレートや台湾スナックとのマリアージュ、フルーツとの
ミックスティーetc. きっと新しい発見があるはず。

 

何が当たるかお楽しみのロッタリーもご用意して、皆さまの
ご来場を心からお待ち申し上げております。

 

■開催日時:2018年6月17日(日)
◎午前の部 11:00~12:30
◎午後の部 14:30~16:00

 

詳細・お申込みはコチラから


2018.06.07News【父の日】今年はちょっとカッコイイ

父の日の贈り物、もう準備なさいましたか?
もし、まだでいらしたら、遊茶のギフトを是非候補に!

 

 

■プ―アール小磚茶ギフト 1,620円(税込)/9個入り

 

まるでバレンタインギフトのようなパッケージに、中を開ければ
これまた、あたかも一口サイズチョコレートの詰め合わのよう。
プーアール茶の健康機能をオシャレに贈る一石二鳥ギフトです。

 

◎表参道ショップ、オンラインショップで

 

詳細、オンラインショップでのご購入はコチラから


2018.06.06Column【24節気な歳時記】 芒種

芒種 2018年は6月6日 24節気の9節目

 

「芒」とは小麦や稲の穂を指し、「種」は種まきや植付を意味します。

 

この時期、前年の秋に種を撒いた麦類は収穫期を迎えると同時に、
晩夏から秋にかけて収穫する穀類の種まきも重なり、農民にとっては
休む間もないほどに忙しい季節。

 

 

そこで「芒種」の「芒」を「忙」に置き換えて、「忙種」と呼ぶことも。

 

忙し過ぎてゆっくりと行事を楽しむ余裕がない中でも、中国各地で
広く行われる民間祭事が「芒種送花神」。春浅き2月から足かけ
5か月の間、人々の目と心を楽しませてくれた様々な花たちに感謝し、
来年の再会を祈念します。

 

また、この頃、南の地方では「芒種煮梅」といって、程よく熟した
梅の実を加工して食す習慣があります。

 

 

梅に元々豊富に含まれるクエン酸やリンゴ酸といった有機酸は
疲労回復に有効とされ、煮詰めることで抽出されるムメフラールという
成分には高い抗酸化作用が認められていて、湿気、気温ともに
グングン上昇していくこれからの季節を元気に乗り切るための
有効な食品と言えそうです。

 

*************************************************************************

この季節に飲むお茶

 

「特級白毫銀針」はいかがでしょうか?2018年の春茶が、つい先日から
遊茶店頭で販売開始となっています。

 

摘み取った茶葉をひたすら静置するという、世界最大のシンプル製法で
作られる「白茶」という分類に属し、福建省のごく限られた地域のみで
生産される稀少茶です。

 

 

古くから、体内にこもった余計な熱を下げると言われてきたお茶で、
近年、「抗酸化作用」や「美白効果」など、その機能が科学的に
明らかになってきています。

 

ハーブのような爽やかさと心地よい渋みが実に魅惑的な風味を醸し、
熱湯淹れにも水出しにも、それぞれの魅力を最大限に発揮します。

 

≪「特級白毫銀針」のお求めは≫

●表参道ショップ
●オンラインショップ

 

***************************************************************************
24節気とは天球上の太陽の動線を24等分してそれぞれに名前を付けたもので、
同じ季節に同じ節気が廻ってくることになります。
古代中国において、100%お天気頼みだった農耕作業の目安にするべく考案され、
段階的に整備を繰り返しながら今に至っています。
しかしあの広い中国、北と南、東と西では気候が同じはずもなく、
日本とも一緒に語るのは難しいところですが、そこはフレキシブルに解釈して、
その季節感を楽しめればと。

 


1 / 512345
PAGE TOP